5号機規定

4号機と5号機の規定の違いについての説明
◆規制改正
★改正の理由
主な改正理由は「高い射幸性を示す遊技機の規制」
1日に何十万円も勝ったり負けたりする台は好ましくないということだ。
背景にはパチスロで生計を立てているニートが増えすぎたことや、サラ金でお金を借りてまで遊戯する人間が増えたことも関係していると思われる。

★4号機→5号機へ
新規制機として各メーカーから5号機が発表されている。
気になる4号機の設置期限だが、機種によって異なるが最長でも2007年6月30日まで。
つまり2007年7月にはホールは5号機で埋め尽くされることとなる。

◆5号機規定
★出玉規制
4号機
17500Gで55%~120%
5号機
400Gで300%未満
6000Gで150%未満
17500Gで55%~120%
400Gの制限により瞬間的な出玉が制限されることに。

★試験方式の変更
4号機
適当打ちで小役は揃った時のみカウント
5号機
成立した役は全てカウント
これによりATでの大量獲得は不可能に。

★ストック禁止
ボーナス成立後は(揃えて消化するまで)ボーナス抽選を行うことは出来ない。
これによりボーナスを意図的に連チャンさせることはできなくなった。

★BIGについて
ボーナスの払い出し
BIG・REG・CT・JACIN入賞時の払い出しは0枚。

BIG中小役
5号機では通常時とBIG中の小役の抽選確率と払い出し枚数を変化させることが禁止となった。
※BIG中は2枚掛け専用等にして対応可能。
※メイン小役の確率は変えられる

BIG終了条件
払い出し枚数固定方式
払い出し枚数か規定枚数を超えると終了となる。
CT非搭載機が最大466枚以上で終了、CT搭載機が最大346枚以上で終了。
※払い出し枚数であって純増枚数ではない。
3枚掛けで15枚の払い出しの場合
払い出し枚数=15枚
純増枚数=12枚

★CTについて
CT非搭載機のBIGは最大346枚以上で終了
最大253枚を超える払い出しで終了
特定の絵柄が揃って発動
CT中はボーナス抽選なし

★RTについて
リプレイ確率のみ変動可
突入条件
BIG、REG、CT終了後
特定の絵柄が揃って発動

継続G数
継続G数に上限などは定められていない。
予め決められた継続G数
G数を抽選で決めることはできない。
※ボーナスや小役ごとに個別のG数を設定することは可能

RTの上書き
RT中にRT突入絵柄が揃った場合
BIG、REG、CT終了後のRT
上書きされる。
※新たに当選したRTに移行する
特定絵柄揃いからのRT
上書きしない。
※新たに当選しても消化中のRTが継続される

★同時抽選
4号機までは1回の抽選(1G)で1つのフラグしか成立させられなかったが、5号機では2つ以上のフラグを重複して成立させることが可能になった。
これにより小役やリプレイとボーナスを同時に成立させることもできるようになった。

★空回し
空回しによってボーナス、小役、リプレイが揃ってはならない。
5号機は空回しをするとリールが自動で止まらない、または自動で止まるが何も揃わない(フラグに関わらず)

★フラグ優先順位
4号機の場合
BIG成立後のベル
BIGを狙うとベルが揃う。

5号機の場合
赤7成立後のベル
赤7を狙うと赤7が揃う。
青7を狙うとベルが揃う。

理由は小役よりもボーナスの方が優先順位が高い為。
リプレイ>ボーナス>小役
※ボーナスはCTも含む

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial