ハッピースロット☆パチスロ情報流 パチスロ講義②

パチスロ初心者FAQ

かなり初歩的なものばかりです。

時間がある時に少しずつ追加していきます。

Q1 パチスロでボーナスが当たるか当たらないかはどうやって決まりますか?

A1 パチスロではレバーを叩いた時に内部的に設定された確率で小役やボーナスの抽選が完全確率で行われ、その時の抽選で当選したフラグにより、リール制御が変化し、リールを止める事によってその結果がわかるようになっています。

例えば、BIG確率1/200、REG確率1/100のノーマルタイプの台を想像しやすく例えると、中身が見えない箱の中に白い玉が200個あってその中に赤の玉が1個、青の玉が2個入っていると考えて下さい。

その箱の中は洗濯機のようにすごい勢いで回り続けてます。

目を閉じてその中に手を突っ込み1個取っては目を開いて確認し、箱に戻すを繰り返します。

上の例の箱の中の玉を1個取るというのが一回の抽選(レバーを叩く)の事で、『赤の玉』が取れればBIG、『青の玉』が取れればREG、『白の玉』はハズレ、『目を開いて確認』がリールを止める、と言う事で、『箱に戻す』のは中の玉は減らないと言う事です。

この時に赤の玉が取れたとします、この瞬間に内部的にボーナスが揃うリール制御に変化しますが、この時点では、目を閉じているので、まだなにが取れたかわかない状態です。

赤の玉が取れているとは思ってないので、リールを適当に止める(目を開く)とリール制御が変わっているため、いつもと違う出目が出現します。

その時に出る出目がリーチ目と呼ばれます。

実際には小役もあるので白い玉の中から10個ぐらいを黄色にして考えてみて下さい。

これでBIG確率1/200、REG確率1/100、小役確率1/20の台の出来上がりです。

赤い玉は1000回ぐらい挑戦しても取れないこともあるでしょう、これがノーマルタイプの機種で言うところのハマリです。

取ったら戻すというのがポイントで1/200のBIG抽選確率の機種は200回の抽選で必ず1回当たると言う訳ではなく、200個の乱数の中の1つが当たりと言う事で、常に一定の確率で抽選されています。

Q2 大当りはいつ抽選されているのでしょうか?

A2 レバーを叩いた瞬間に大当りからハズレまで全ての役に対して抽選が行われ、判定処理がされています。

Q3 好きな絵柄を自由自在に揃えたら当たりばかり引けますが出来ますか?

A3 目押しが出来ても好きな絵柄をいつでも揃えられるわけではありません。

何を揃えるにも上で説明した抽選に当たらないとリール上でいくら狙っても揃える事は出来ません。

抽選に当たった場合に狙えば揃う状態になります。

Q4 連チャンしてたくさん出た台はハマリだしたりハマリ中の台はたくさん連チャンするのですか?

A4 パチスロの抽選は完全確率なのでノーマルタイプ機種の場合ハマリや連チャンがその後の当たり方に影響する事はありません。

しかし現在主流のストック機などは天井までハマレば当たりますし、ストックがなくなるほど連チャンすればハマルとも言えるかもしれませんが、天井で当たったとしてもそのあと出るか出ないかは台の設定と運次第ですし、ストック切れは新台時や店がストックを消さない限りそうそうなくなるものではありません。

ストックを消す店が多いのも事実ですが、頻繁にストック切れを目撃するような店では打ちたくないですね…

Q5 スロットは運が良くないと勝てませんか?

A5 短時間での勝負の場合はその時の勝ち負けは運に左右されますが、機械割(PAYOUT)が高い台を打ち続ける事が出来れば、理論的には収支はプラスになります。

※機械割100%がプラスマイナス0のラインですが、100%の台では換金差分負けてしまうので、出来るだけ機械割の高い台を打つ事が勝ちに繋がります。

台の設定毎の特徴を知って設定を推測しながら打ち、低設定と判断したらやめるのが基本ですが、片っ端から打っていたのでは勝てません。

前日のデータなどを参考にして据え置き狙いやイベント時の上げ狙い等で狙いを絞って判別していきます。

Q6 設定6より設定5の方が勝てますか?

A6 これは最近のストック機やちょっと前のAT機が設定6は安定型、設定5は爆裂型と言う特徴がある台が多いためにこう言う風に言われ始めました。

でも実際には設定6の方が機械割(PAYOUT)が高いので設定5より設定6の方が勝率も勝ち額の期待値も高いです。

短い期間では、設定5が設定6より多く出る事もよくありますが、長く稼動すればトータルの出玉は設定6の方が多くなります。

Q7 パチスロはギャンブルなのでしょうか?

A7 パチスロに対しての知識が無く何も知らず適当に打っていれば勝ち負けは運次第となり、この場合は完全なギャンブルですね。

ですが、パチスロの知識をシッカリつけ常に勝率の高い立ち回りで打てばトータル収支をプラスにする事が出来ます。

この場合はギャンブルとは言えないかもしれません。

が、一般的にはギャンブルだと思います。

どっちだヾ( ̄o ̄;)

Q8 ストック機ってなに?

A8 ストック機と言うのは、内部的に成立したボーナスをいったん内部的に貯留し、放出条件を満たす事でボーナスを揃えれるようになる機種の事です。

これにより、貯留したボーナスを一気に放出したり出来るため、ノーマルAタイプでは味わう事が出来ない連チャンが実現可能になりました。

Q9 RT解除ってなに?

A9 まず、RTと言うのはリプレイタイムの略で、リプレイ確率が大幅に上がった状態の事です。

ストック機では、リセット後やボーナス後にこのRTに突入します。

表面上揃うリプレイや小役の確率は変わりませんが、内部ではほぼ毎ゲーム揃わないリプレイが成立しているためボーナスが成立しても揃えられない状態になっています。

この時に内部で成立したボーナスを貯留するのがストック機で、ボーナスを揃えるにはRTの終了を待つしかありません。

RT終了条件は大きく分けると2つあり、1つは規定ゲーム数を消化する事で、RT突入と同時にRT終了ゲーム数が内部的に決定され、そのゲーム数を消化した場合に次のボーナスを揃える事が出来ます。

これが規定ゲーム数消化によるRT解除と言うことです。

RT終了ゲーム数は機種によって違うので、これを知っておくと、当たりやすいゲーム数だけを打ったり、最大RTゲーム数(天井)に近い台を打ったり出来るので勝率を上げる事が出来ます。

もう1つのRT終了条件は小役などの特定役が成立した時にRT終了抽選がされたり、RT強制終了すると言うもので、こちらもRT解除ですが、自力解除や強制解除などと言われる事もあります。

解除契機になる役は機種によって様々なので知らない機種を打つ時は事前に調べておくと安心です。

楽して勝つ!

楽して勝つをモットーに日々パチスロを打っている打ち手の楽して勝つ方法を少しだけ紹介します。

その1

『解析値が出回る前にハイエナポイントを見つける』

ハイエナは解析が出る前がかなりおいしいです、ある程度の連チャンゾーンと天井を周りの台を見て参考にしながら自分で打ち始めるプレイ数とやめるプレイ数を決めて台移動を繰り返します。

コインを持っての台移動が出来る店ではかなり勝率が高いです。

目安はA400の場合は500G前後から打って80G前後でやめる。

A700の場合は800G前後から打って200G前後でやめる。

上の目安を基準に打ちながら最適なポイントを探りながら打ちます。

機種によっては、はまり台狙いがまったく効果がない場合や内部仕様が不明な機種での実践なので、連チャンゾーンを捨てたり期待値がマイナスの可能性もあるためリスクはありますが効果ありの場合の収支はかなり高いです。

※もし実践する場合はリスクを理解したうえで各自の責任でやってください。

新台入替されて客が少し離れだしてから解析が出るまでの間が稼ぎ時。

解析前の海物語なんかは500G以上の台を一日中待ち時間なし店移動なしで打てたりしました。

打ち手が解析前にウハウハできた機種

海物語

シンドバットアドベンチャーは榎本加奈子でどうですか

黄門ちゃま

ワイルドウルフ

海一番

爆裂王(BAR天井狙い)

※注意

ノーマルAタイプではハイエナは意味がありませんので、雑誌やネットでストック機か普通のAタイプかだけは調べておきましょう。

その2

『人気店の不人気機種を打つ』

私の立ち回りの基本はこれ、不人気機種は私の大好物ですw

それはなぜかと言うと、朝並ばなくても高設定がとれます。

私のよく行く店(スロット専門店)はイベント日になると朝から200人ぐらい並んでますがそれでも高確率で設定6に座ることができるんです。

イベントや優良店で朝から並んでいるスロプロの人たちの多くは過去の出玉状況や店の設定変更のくせなどから高設定の可能性が高そうな台を狙って来ています。

プロが狙うのは設定6がわかりやすい台や機械割の高い台で当然高設定と判断したら閉店まで打ち倒します。

朝から並んでいる一般のお客さんは新台や人気機種に流れて行きます。

そこでねらい目なのが設定6イベントや優良店での不人気機種。

店のくせさえ把握しておけばかなりの確率で高設定に座ることが出来ます。

この立ち回りのメリット

1、朝早くから並ばなくていい

2、朝の競争が少ないため確実に狙い台がとれる

3、朝の狙い台がはずれても移動しやすい

4、仕事が終わって夕方から打つ場合でも高設定が空席の可能性がある

5、両隣が空席のことも多いためのびのび打てる

デメリット

1、打っている機種が次の入れ替え候補機種の場合、高設定がない可能性がある

2、プロが狙わない=設定がわかりづらい、機械割が低い

3、不人気なだけにおもしろくない

4、孤独

打ち手がお世話になったいまいち人気がなかった機種

ジェロニモン

ウィニングポスト

ストリートファイター2

ワイルドウルフ

賞金首

バンバンダッシュ

爆裂王

上では面白くないと言ってますが高設定で当たりをたくさん引けたらどんな機種でもおもしろいですし、打ち込めばわかるおもしろさもありますよ(^O^)

パチスロで勝てるの?

パチスロでなんで勝てるの?

と、よく聞かれますが今回はそのことについて話したいと思います。

まず、パチスロには設定というものがあります。

パチスロ機には設定1~6までの6段階の設定があり、設定1が店が勝ちやすく、6が客が勝ちやすい設定になっていて、パチンコ店はその設定1~6をうまく配置して出玉を調整しています。

勝てない店では当然打ちたくないですから客を呼ぶためにもパチンコ店は客側が勝てる台を用意しています。(用意してない店はぼった店と呼ばれますW)

と、言うことはその勝てる台を探して打てば勝てるのです。

では、その勝てる台はなんで勝てるかと言うと、確率の話になりますが、スロット雑誌などを読むと、よく機械割やペイアウト(当サイトではPAYと表示)という言葉を目にします、これが上で言う勝てる台、勝てない台を数字で表したものです。
100%を基準に100%より多いほど勝ちやすく少ないほど負けやすい台です。

機械割と言うのはその機種のボーナスや小役をすべて確率どおりに引いたときの出玉率の事で、機械割の数字からその機種の期待収支を出すことができ、パチンコ店はこの出玉率を目安に、店にある全ての台の出玉率の平均を設定(パチンコの場合は釘調整)を変える事によって調整し収益を管理しています。

例えば機械割110%の台の場合100枚メダルを投入で110枚の払い出しをする台と言う意味で、100枚の投入で10枚増える台と言えます。

1000枚なら1100枚、10000枚なら11000枚。

わかりやすくゲーム数にすると3枚投入で1ゲーム消化出来ますから1000ゲームあたり300枚増える計算になり、5000ゲームで1500枚増える期待値がある台と言う事です。

と、言うことは機械割110%の台は5000ゲームで等価交換の場合3万円勝てる台となります。

機械割90%の台ならば5000ゲームで3万円負ける台と言うことです。

しかし、確率的に3万円勝てると言うだけで、実際に5000ゲーム回しても確率どおりに出るものではなくて、5万円負ける時もあれば10万円勝つ時もありますが、確率というのは試行を増やせば増やすほど確率上の結果に近くなりやすいので、機械割110%の台を1日5000ゲーム毎日打ったとしたら、1日の平均勝ち額は日を重ねるほどに3万円に近くなっていきます。

このことから、パチンコ店は機械割の平均を下げれば下げる程儲かることになり、客側1人の試行回数の何百倍、何千倍のも試行回数を1日でこなすことが出来るために客側より格段に安定して収入を得る事が出来るのです。

これが、パチンコ店が運営していける理由でもあり、パチスロで勝てる理由でもあります。

※メーカー発表の機械割と実際に打ったときの機械割は打ち方によって誤差があり、目押しが出来る人は出来る限り成立役を成立プレイで揃える事やBIG中のリプレイはずし等をするとメメーカー発表値よりも実践値のほうが高くなることが多いです。

ここまではなんで勝てるかの理屈を説明しましたが、理屈はわかっても実際にパチスロを打ちに行っても台の設定は台を見ても書いてません。

ではどうやって探すのかと言うと、パチスロでは設定毎にボーナス確率や小役確率などが少しずつ違うのです、これが上で言う機械割の差となって出玉の差を作っています。

この小役確率やボーナス確率、RTの振り分け率や小役解除率などの違いで高設定か低設定を判断するのですが、これは実際に打って見たり、他の人が打った結果などから設定を予想して打つ事になります。

判断材料は機種によって様々で、すぐにわかる機種、わかりやすい機種、わかりにくい機種があるので、パチスロで勝っている人の大半はそれをネットや雑誌、各自の情報網や実践などで調べ打っています。

スロットで勝つ基本はこんな感じだと思います。

あとは、店を選ぶ、店ごとの設定変更の癖をつかむ、目押し、イベント、早い情報入手などで高設定を打てるチャンスを増やしたり、メダルの無駄な消費を減らしたりすることも大切です。

攻略法詐欺

この2、3日パチスロ攻略関係のサイトをいろいろ見てみましたが、誘発やら直撃やらのインチキ攻略法を高額で売る攻略法会社の多いこと

現在ある誘発、直撃などと謳われている攻略法は100%使えないと思ったほうがいいです。

誘発、直撃攻略法の内容を簡単に説明すると…

だらだらと長い手順(コイン○枚入れる、○ゲーム回す、○秒待つ等)

を教えてもらえます。

1回の手順終了までに3千円ぐらい使います。

それで当たらなかったら失敗だから同じ事を繰り返す。

これは一例ですがだいたいこんな感じです。

こんなの繰り返してたら手順やってもやらなくても誰でもいつか当たります。

で、運良くすぐ当たった人は本当に出来たと思うでしょうし、当たらなかった人は当然文句を言うわけですが、そんな時の言い訳はその店は対策されているから他の店に行けとかコンマ何秒ずれただけで出来ないから慣れないと難しいとか…。

本当にふざけてます、こんなインチキ攻略会社が堂々と雑誌やインターネットで広告を出しているのが現状です。

携帯版の『Happy☆Slot』でもこの手の攻略法を買ったはいいがまったく使えない等の相談がたくさん来ています。

少しでも被害者を減らしたいと思いますのでこれからも攻略法詐欺について書いていきます。

情報提供元:ハッピースロット☆パチスロ情報(閉鎖)・SLOTER(閉鎖)

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial