なおたんスロット流 パチスロ講義

健全パチスロ宣言~不正行為没滅運動

健全パチスロ宣言しましょう!

よく雑誌やネットで見かける有料と無料攻略ですが、皆さん一度は見かけた事があると思います。

もし本当だったら「楽して凄い大儲けできる」と思っていませんか?

それらの攻略は99.9%!いや100%と言って良いと思います。

そうです!全てガセネタ攻略ですので厳重にご注意下さい。

Q&A コーナー

Q、もし不正な攻略を購入したらどうなるの?

A,①時間と手間を使う

A,②無駄なお金を使う

A,③個人情報が漏れてカモに使われる

A,④振り込め詐欺の督促状や電話が掛かってくる

この様な実態、分かって頂けたでしょうか!

もう一度、分かり易く言います。

意味不明な不正セット打法、有料無料問わず購入はしないで下さい。

さぁ簡単投票または心に宣言しましょう♪

まだ宣言できない方のみ読んでください

まだ納得が頂けない方だけに、私の知っている事と実態そして経験を教え致します。

もし、セット打法(ある手順やタイミングで大当たりを引き出すと言うもの)が存在したら

メーカーは莫大な損害賠償と多額な修正費を負わなければなりません。

厳重に検査してそれでも欠陥があった場合はそれはセット打法ではなく、盲点によるプログラムミスです。

そのプログラムミスを最初に発見した人はグループ内以外、誰にも教える訳はありません。

もしその情報を売るとしたら末端価格は一千万から一億と言って良いでしょう

プログラムミスの寿命も短くプロが使用してもすぐに発覚します。

よく雑誌やネットで見るキズネタとはプログラムミスを現在修正期間で一部使用可能というのが本当の意味です。

修正期間など3日もあれば十分ですので、ほとんど使えるわけがありません。

ここで一つ有名なプログラムミスは、だ○ま猫のいわゆるコピー打法

前回成立した役をレバー○○ながら超ゆっくり○○する事によって同じ役を成立させると言うもの!

2003年度の話ですが本当にあったプログラムミスです。

その当時は対策の対応が遅い事もあり私の耳に入った頃でもまだ使えるお粗末な話でした。

しかし今の時代はプログラムミスによる対応は超高速です。

話題になっても「本当にあった話なの?」で終わっています。

よく不正攻略で目にする事ですが

「液晶画面がこの状態でレバーを叩くやボタンを押すや放す」

「何々の状態でハサミ打ちや逆押し」など

ありえない嘘の攻略があります。

抽選は全て乱数指数によって抽選されていますので

1万6千以上あるコマをやさしく秒数を直して1/300秒の中で正確に人間の手のみで叩く事は不可能です。

友人がある有料攻略会社シー○レットオ○ラインから○万円で購入したお話をします。

紙切れを見せてもらうとボーナス直撃打法!手順はこのように書いていました。

「液晶画面をデモ画面にして下さい。クレジットを0にして下さい。コイン○○枚投入して下さい。」

「BETボタンを押してハサミ打ちして下さい。再びコインを○枚投入して下さい。」

「BETボタンを押して逆押しして下さい。これで30ゲーム以内にボーナス直撃です。」

なんとも馬鹿げた紙切れでした。

うまくいかなくサポート付だったので電話したそうです。

その時の内容は「ウエイトを掛けずにゆっくりとして」「ホール変えてみたら」など脅し文句も言われ酷い内容です。

そもそも、そう言う甘い話はこの厳しい世の中に転がっていませんよ。

泣き寝入りするのが現状です。

最後にですが、不正攻略サイト、不正攻略雑誌、リンク先を見かけたら内容も触れず無視する事をおすすめします。

これで宣言できますよね!

それでは皆さま宜しくお願い致します♪

番外禁止(1章)

正当なパチスロを願って

ここでは私が知っている限りの極秘的なデータや話と、絶対にやってはいけない行為についてお話をしていきたいと思います。

みなさん過去に不正行為をしている人に遭遇した経験がありませんか?私は何度かあります。

不正に気づいた私は非常に不愉快な気分になり一時パチスロを辞めようとも思いました。

不正行為は他のお客様やお店に大変迷惑を掛けることになります。

パチスロは完全に健全で正当に楽しく遊技できる様に心から願っております。

第3章 番外禁止編

Ⅰパチスロ極秘抽選方法

パチスロは毎ゲームそれぞれの小役とボーナスの抽選が行われています。

専門用語になりますが抽選方法は「乱数生成方式」と言うものが採用されています。

乱数とはコンピューターによって勝手に作り出される数値のことです。

この乱数は主に2種類から成り立ちハードウェア乱数とソフトウェア乱数により抽選されているのです。

パチスロのレバーを叩いた瞬間に乱数を生成してロムにプログラムされている。

役と照合され抽選が決まります。

乱数の周期は16.384コマを2.731MSで1周しています。

1MSは秒に直すと1/1000秒となります。

16.384コマに小役やボーナスなどがあって、そのコマは周り続けています。

そしてレバーによって叩かれた瞬間フラグが成立しそのフラグでしか揃えることができません。

人によって打ち方など違うので勝敗はその日の設定と自分の腕にかかることになります。

Ⅱセット打法

意味はレバーやボタンを押すタイミングなどである手順によって大当たり引き出すと言うもの、この打法について言いたいことは山ほどありますがコメントは差し控えさせて頂きますが、ただ一つ雑誌やオークション等で情報を買われた方の大半は泣き寝入りしているのが現状です。

つい甘い言葉に心が揺るがされ購入などは、絶対にしない方がいいです。

Ⅲ体感器

いわゆる電子メトロノーム。

一定の周期で信号を体感しその信号に合わせてレバーを叩いて大当たりを引き寄せる、しかしこの体感器だけでは正確にレバーを叩くには困難でかなりの訓練が必要となる。

今は通販やネットで簡単に5万~100万で買えてしまう時代で非常に残念です。

体感器使用は立派な不正行為にあたります。

罪の意識がなく使用して検挙されている人が急増しているようですよ。

Ⅳ低周波治療器

体感器のオプション用具

この低周波治療器は正確にレバーを叩けるように改良されてもので体感器から送られてくる、信号に反映され自然に指が反応し正確にレバーを叩けることができる。

体感器に加えこれも同時に使用し発覚して検挙されると重く罰せられます。

番外禁止(2章)

Ⅴゴト師

不正行為で出玉を獲得するのを仕事(シゴト)とする師(ヒト)

それらをゴト師と言います。

主な手口は

①裏ロムの取り付け(黒い小さな基盤の様なもの)

②ハーネス取替え (複数の配線からできたコネクターの様なもの)

③電波

④磁石

⑤セル・ピアノ線

⑥レシート・カード偽造

⑦合鍵

裏ロムとハ-ネスは大当たりし易い確率に変える。

電波は不正な信号を発信させて誤作動やショートさせる事によって出玉を得る。

磁石やピアノ線は強制に大当たりさせたり設定を変更したりなど、合鍵は筐体の中の玉やコインを手で抜いたり設定を変更したりさまざまです。

今のゴト師の手口は巧妙で直には発覚しにくくなっているようです。

全国の全ての不正被害金額は年間5000億円とも言われていて売上げの約2%を占めるそうです。

方法はグループ化していることが多く短い期間でセキュリティーの甘そうな複数のお店にターゲットを絞って、一気に出玉やコインを抜くそうですスーパーなどの金庫泥棒と似ていますね。

毎年少なくとも300人以上が検挙され大半が20代の若者が多く件数も増加傾向だそうです。

Ⅵ不正の目撃談など

いくつか目撃した中でまだ軽度な話を少しだけしたいと思います。

電波による不正の分類にあたるいわゆる「クレ満」ってやつです(クレジットを50枚にする)、あまりにも正々堂々との様に不正をやっていたのが印象的でした。

小さなツノの様な形をした物でその先端をメダル挿入口に入れてある簡単な操作行うと、クレジットが最大の50まで上がっていったのです。

おそらくツノの先端に特殊な電波が流れていて機械が誤作動を起こしたのでしょう。

つまりその一瞬の行為を繰り返して50枚ずつ不正に得ていたのです。

あっ気に取られたのと目撃して非常に不愉快な思いでした。

それを目撃してから一ヶ月近くパチスロをするやる気を失いましたよ(〒_〒)

他にMCジェットカウンター(コインを流す所)コインサンド(千円入れる所)、ピアノ線で(羽物を大当たりさせる)台を開けてハーネス取替えなど幾つか目撃しました。

出そうな台を観察して動向を良くすることが多いためなのか、さすがにパチスロ歴15年もあれば色々目撃経験があるものだなと思いました。

まじめにコツコツ頑張って稼動している私達にとってはちょっとショックな出来事でした。

Ⅶ刑法

実際に不正行為はどのくらいの刑にあたるのか調べてみました。

軽度

発見して捕まえたが財物(金銭)の窃盗は免れた場合

刑法261条 器物破損罪にあたり

3年以下の懲役または30万円以下の罰金若しくは科料となる

発見して捕まえ台を相当期間使用不可能にした場合

刑法233条 業務妨害罪にあたり

3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます

さらに暴行や脅迫を行えば

刑法238条 強盗にあたり

5年以上の有期懲役に処せられます

発見して捕まえ多くの出玉を取得していた場合

刑法235条 窃盗罪にあたり

10年以下懲役に処せられます

重度

けっこう軽度でも罪は重たいですね。

体感器など購入してお店で使うと「うっかり犯罪者」となりますので注意してくださいね。

Ⅷその他まとめ

他に体感器を使わなくても訓練でタイミングをとった打ち方で出玉を得ることや、極わずかなセット打法はお店にスロプロとして見なされ遊技を断られることもありえます。

昔パチンコの方で花札の春一番など画面のある一部のランプが消えた瞬間に、スタートチャッカーにへと玉を入れると大当たりするタイミング攻略がありました。

素人でも簡単に出来るという事で全国のホールから一斉に消えた珍事件があったのも有名です。

メーカーにも原因はありますが信じられない攻略がないよう機種も作ってもらいたいのと、そういう不正な攻略が完全になくなることを心からお祈りします。

パチスロの基本(1章)

パチンコ・パチスロ歴15年、始めたきっかけと夢中になった理由はみなさんも同じだと思いますが、友達に誘われてやりはじめ1Kが楽しみながら遊んで50Kに化けた事からはじまりました。

最近ネット等で○○Kと言う言葉を見る事が多いと思いますがKは千円と理解して下さい。

パチスロは1K単位で遊技します。

私がやり始め頃は0.5K単位でのお店もありました^^;

今の時代はただ単にパチスロを楽しむだけではなく確実に稼ぐ時代へと変わっていると思います。

やりはじめ11年間ではおよそ7000Kは負けていたと思います。

しかし、ここ4年間では5000Kほど勝っています。

それでもまだ2000K負けています。

一番最大の狙いは通算成績を+10000Kの勝ち組になる事です(一千万円)。

稼動方法は仕事が終わって夕方からと休日は平日の朝から又は昼からになります。

毎月のトータルを勝ち組にするにはパチスロの基本と立ち回りの2点が最重点となります。

この2点についてパチスロが未経験の人にも出来るだけ分かりやすく説明して参ります。

各1ページにまとめてありますのでゆっくり気長に読んで下さるとありがたいです。

是非にですが参考にして頂ければ幸いです

第1章 パチスロの基本

Ⅰ基本とは現在のパチスロのやり方や仕組みを全て知っておく必要があります

①1K札をサンド(コイン貸出機)に入れて50枚借りる

②コインを3枚入れてレバーをたたく

③リールが回転したらストップボタンを左から3つ押す

④横と斜めの5ラインが基本的に有効ライン

⑤1ゲームで最大払い出しは15枚

この①~⑤点は基本中の基本ですね。

初めてパチスロをするにはまず遊技している人を長く観察してからだいぶ理解してからやりましょう。

Ⅱパチスロの正式名称は「回胴式遊技機」と言いますが一般的にこの言葉を使う人はいません。

また筐体(きょうたい)とも言いますがこれはパチスロ機全体を意味します。

これはパチスロ機その物が箱型になっている事からその容器も意味します。

重量は聞いてビックリするかもしれませんが平均33Kgもあります新台入れ替えは大変ですね!

これでもだいぶ軽量化されていて少しづつ軽くはなってはきています。

Ⅲリールは下回転で横並びに3つあり1つのリールにほとんどの機種は21コマあります。

コマには6、7種類の図柄があり揃うとなんだかの特典があります。

新台の時には検査が行われ人体の影響を配慮して一分間でリールが最大80回転以内で収めなければなりません。

またパチンコの方は一分間で100発以内と定められております。

Ⅳ1Kで遊技できる回数は平均29回転となっています(50枚÷3枚=16.6回転)

ゲーム中に小役と言う払い出しがあり1枚~15枚増える事があります。

払い出されたコインはクレジットと言う所に50枚まで貯蔵されていきコインを入れなくても、ワンボタン機能が備え付けられておりそれを押すと3枚ベットする事ができます。

時には最低の17回転しか回せない時がありますが40回転を回せる事も多々あります。

Ⅴゲーム中にはBIG(ビック)ボーナス、REG(レギュラー)ボーナス、小役、リプレイの図柄があります。

有効ラインで揃えると特典があり基本的にコインの払い出しを受ける事ができます。

リプレイは続けてコイン投入しなくても次回のゲームをレバーをたたいてゲームする事ができます。

小役は最高15枚までの払い出しを受ける事ができます。

REGボーナスは1枚ベットで連続8ゲーム15枚の小役を受ける事ができます。

BIGボーナスは各機種にもよりますが基本は30ゲーム間に3回REGゲームがあり、残り27ゲームは小役を引きやすくなりコインを増やす事ができます。

このBIGボーナスについて詳しく次で説明いたします。

ⅥBIGボーナスには基本的には3種類のタイプがあります

Aタイプは30ゲーム間に3回REGと残り27ゲーム小役ゲーム。

Bタイプは20~30ゲーム間に2回REGと残り18または28ゲーム小役ゲーム。

Cタイプは10~30ゲームの小役ゲームまたはREGの回数の決まっていない抽選型。

またはそれらをミックスさせたものから成り立つ。

ⅦBIGボーナスとREGボーナスは21コマの回転しているリールを目で見て目押しで揃える必要があります。

成立したボーナスには図柄が揃うまで何度でもチャンスはありますが小役の場合は取りこぼしでコインを損する事になることもある。

ボタンを押した時にリールは最大4コマまでスベリ落ちてアシストしてくれます。

また押し順を光や音声で左中右とバラバラに指定してくる場合があるので注意してください。

現在のパチスロは以前と比べて遊技しやすくはなっているが少しでも分かりにくいと思えば、ほとんどのお店に無料で小さな説明パンフレットがありますのでそれを見て遊技しましょう!

Ⅷパチスロには機械の調整をする設定と言うものがあります。

よく出たり出なかったりするがこの設定で調整されています。

設定は1から6まであり6が一番出やすい確率になる様になっている。

あくまでも確率の変動式ですので運が良いと設定1でも勝てるようになっていますよ。

またこの設定で平均機械割と言う数字があり規定で現在では55%~120%以内に、収まるように定められていますが現状では設定1で平均93%設定6で平均111%で作られています。

3年前まで検査が甘く機械割が160%越えしていた機種もあり現在は検査が厳しくなっています。

1000枚コイン投入で払い出し1100枚なら機械割は110%です。

1100÷1000=1.1×(100)=110%となります。

さぁこれで基本はおわかりでしょうか?

はじめに「立ち回り」って何?

立ち回りとはパチスロに勝つためにどの様な行動が良いのかと言う意味で正規な攻略です。

簡単に言えば「立ち回り→勝つ方法の近道」と言って良いと思います。

何も知らなくパチスロをしているのと情報を知ってするのとでは天と地との差です。

「いつ大当たりするか解らないじゃない」全くそのとうりですよ。

パチスロとは確率から成り立つ物でどの状態が良いのか見極める必要があるのです。

パチスロの基本(2章)

第2章 パチスロ立ち回り

どの状態について(Ⅰ~Ⅴの5点)

どの状態とは立ち回りをさらに詳細にしたものです。

Ⅰどのホール(お店)で打つか!

Ⅱどの時間から打つか!

Ⅲどの機種を打つか!

Ⅳどの台を打つか!

Ⅴどのタイミングで打ち止めするか!

この5点が立ち回りの基礎と言えるでしょう。

これらについて説明したいと思います。

Ⅰどのホールで打つか!

家の近くや会社の近くで打つのが一般的ですがもう少し輪を広げる事も重要です。

いつも慣れひたしんだホールは落ち着きますがそのホールでは毎月が勝ち組ですか?

勝ち組ならそのままでも良いと思います。

負け組みならホールを見直す必要がありますよ。

ポイントは

①お客様の頻度の良さ

②イベントの良さ

③新台入れ替えの早さ

④換金比率

いつもお客さん多いね!イベントは魅力あって信頼できるね!話題機種の新台入れ替えが早いね!

この3点が当てはまるホールは優良ホールと言えます。

またお店によって換金比率が違いますコインを借りる時1000円で50枚の貸し出しですので、持っているコインを換金する交換時に5枚で100円なら等価交換 6枚で100円では6枚交換となります。

現在の換金比率はホールの自由化となっています。

5枚~8枚交換が一般的ですが8割のお店は5枚から6枚交換です。

イベント時には1000枚以上コイン換金で4.5枚交換の面白いイベントをしたホールもあります。

5枚交換は借りた時そのままの価値になりますが、5.5枚では1枚18円 6枚では一枚16円と値打ちが下がります今だに7.6枚交換のホールもあります。

(100円÷5枚=20円 100円÷6枚=16.6円 100円÷7.6枚=13.1円)

100円に満たない端数のコインはお店まかせでお菓子等に交換されてしまいます。

いくら大量にコインが出たと言ってもこの換金比率が低いと投資金額を加味すると損する事があります。

10K投資して出たコインは550枚これを換金すると(Kは千円単位)、等価では550枚÷5枚=110×(0.1)=11K(換金金額)-10K(投資)=1K勝ち、6枚では550枚÷6枚=91.6×(0.1)=9.1K(換金金額)-10K(投資)=0.9K負けと言う事になりますので出来るだけ換金比率の良いホールを選ぶようにしたいものです。

Ⅱどの時間から打つか!

①開店から

②昼から

③夕方から

④夜から

 
人によって仕事している人や学生さんスロリーマンなどまちまちですよね!

打ち始めの時間によってもかなり勝ち組への道も左右されます。

①開店からは設定変更またはリセットしている大半の機種はチャンスである様に作られています。

この台は設定変更しているやそのまま据え置きなどの見極めは大変難しいものとなっています。

ある程度見極めるにはホールのくせを見抜かなければなりません。

平均ですがホールにある全台の1/4が150回転以内に何だかのボーナスに当選している場合、ほぼ全台が設定変更やリセットしていると考えられます。

開店からとなると時間に余裕があり大負けをしてしまう事がありますので投資金額を決めておいた方が良いです。

②昼からはさまざまな方法があります。

まだあまり回転数が回っていない台

イベントをしている台

初あたりの回数が多い台

設定据え置き狙いで前日大当たり回数の多い台

ゾーン狙いや設定の上げ下げ狙いできる台

この時間は意外と高設定が沢山残っていると思います。

高設定は長く打っているうちに設定の推測が出来やすくなっているので引き当てた時は夜まで回したいものです。

③夕方からはある程度台を絞った形で!

よく出ている台が空いているならそれも良いし規定RT解除(Ⅲで説明)付近の台を打つなど、昼からの応用でも良いと思います。

またには新台など低投資金を決めて楽しみながら覚える事も今後の重要策です。

④夜から打つは一番危険ゾーンですが「しょぼ勝ち」がし易い時間

ホールは会社帰りなどで一番込み合う時間ですお客の少ない店は別ですが^^;

お店の利益の最重点であるのはこのとりあえず打ちたいと言う気持ちの会社員です。

あまり情報を知らないのでチャンスゾーン付近のRTで止めている事が多々あります。

いわゆるパチスロ用語でもある堂々と「ハイエナ」する事も以前打っていた人は可愛そうですが、大事かもしれません。

楽しく気持ちよく遊技する為にも余裕がある時は教えてあげる事もいいかもね♪

パチスロの基本(3章)

Ⅲどの機種を打つか!

機種には色んなタイプがあります。

かなり投資しないと大当たりし難い機種や比較的に低投資で大当たりし易い機種とさまざまです。

投資の大きい機種ほどコイン大量獲得が出来易く投資の小さいのはその逆です。

規定RTとは一定の回転数を回すとボーナスが当選します。

その規定RTは抽選でどこかのRTに振り分けられます。

チャンスゾーン規定RTは振り分け確率で例えば400ゲームから450ゲームの間に、30%でボーナスが当選すると言う事です。

他に強制RT解除ですぐにボーナスが放出される事がありますが、これは規定RT振り分けと同じですが高設定ほど解除確率は高いのです。

機種の性質を理解していき覚えていく必要があります。

Ⅳどの台を打つか!

空き台には必ず理由があります。

沢山回転しているのに大当たり回数が少ない

あまり回転していないのに大当たり回数が多い

チャンスゾーンを調度超えた付近のRTである

人気がない機種である

台が汚いやボタンやレバーが壊れかかっている

隣の客のマナーが悪いや怖そう

極端に大当たりが多い台は設定は良さそうに思えるがこれからハマルのではと思いがちですが、長い目で見ると比較的チャンス台と思います。

チャンスゾーン規定RT以外でボーナスが良く当たっている台は高設定が期待できます。

良さそうな台がない時はホール回りをして良く観察することが大事です。

それでも良い台がない時は他のホールに行ったり打たずに帰るのも良い方法ですよ。

Ⅴどのタイミングで打ち止めするか!

ここで止めておけば良かったやもうちょっと打っとけば良かったなど色々経験はお持ちですよね^^

大事なのは勝った事に満足してその日の勝った事は忘れる事だと思います。

一番の悪循環はいつも閉店付近までする事と思います。

閉店まですると気持ちが焦りまったく止め時が不整理となるのです。

次の日大当たり回数を見ると「あ~あもっと打っとけば良かった」と思いがちですが、止めていて良かったと思う日の方が多いと思います(何時も爆出ししている人は別ですが^^;)一番に大切なのはその日の勝ち組なんですから!

止め時の整理をしましょう。

参考には

最初に決めたRTまたは+32~50RTで

最初に決めた時間で

2チェ後+32RTで

上げ下げ狙いチャンスゾーンRT後で

※最後に

現在過去4年以内ではコンスタントに毎年トータルで勝ち組へ仲間入り出来ました。

パチスロを愛する人へにはみなさんが勝ち組になってほしいと心より思っております。

ここでのパチスロ講座で少しでも参考になれたら嬉しい限りでございます。

私の最大の目標は+10000Kと大きいですがみなさん友に頑張っていきましょうね。

情報提供元:なおたんスロット(閉鎖)・SLOTER(閉鎖)

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial