スロナビ流 パチスロ講義

世界の富

世界の富の80%は総人口の20%が所有しています。

さらに言うと、総人口の1%の裕福な人が世界の富の40%を所有しています。

総人口の半分を占めるの貧困層が所有する富を合計しても1%に過ぎません。

分かりやすく

世界が100人

世界の富100万円

とすると

1人で40万円

19人で40万円

30人で19万円

50人で1万円

次回はこれをパチスロに置き換えて解説します。

スロ屋の富

世界の富をパチスロ店に置き換えてみましょう。

統計によるとパチスロで勝っている人は10%と言われています。

簡単に説明します

パチスロ店の人口100人

パチスロの富100万円

とすると

90人で100万円負け

10人で10万円勝ち

スロ屋が90万円の売上

※売上には人件費・光熱費・新台費用などは含まない。

90%の人の負け分を10%の人とスロ屋で分け合っている図式となります。

さて、パチスロで勝っているのは10%ですが、私はこの数字の集計した根拠も期間も知りません。

ただ言える事は月単位で勝っている人はその後も勝ち続け、負けている人は負け続ける確率が高いということです。

月に3,4回しか行かないなら月単位で勝つこともあると思いますが、まぐれで勝ち続けられるほど甘くはありません。

ではどのようにしたら勝てるのでしょうか?

勝つためには?

機械割が100%を越える状態を打ち続ける

これだけです。言うだけなら簡単ですね。

具体的には

・高設定を打つ

・機械割の高いゾーンを打つ

※天井や特典のあるゾーン

機種によって異なります。

設定

パチスロは設定によって出玉をコントロールしています。

機種によって2~6段階に設定できます。

6段階だと123456となり、数字が大きい方が機械割が高くなります。

主に1~3を低設定、4~6を高設定と呼びます。

※設定3、4を中間設定と呼ぶこともあります。

設定は閉店~開店までの間に店側が調整します。

機械割

主に設定が上がると高くなる。

6段階設定の場合

12は100%以下

3で100%前後

456は100%以上

だいたいこんな感じだと思います。

機械割はその設定を打ち続けた時の期待出玉率です。

※100%を超えていても負けえる時はありますし、逆もあります

・計算方法

G数×3×(機械割-100)/100

=差枚数

※3は1GのBET枚数

差枚数は出た枚数から初期投資分を除いた枚数

[例]

機械割106%を5000G消化すると

5000×3×(106-100)/100

=15000×6/100

=900

+900枚

等価なら+\18000

となります。

※機械割100%なら0となり、それ以下ならマイナスになります。

立ち回り

高設定を打つといっても高設定発表のイベントでもない限り自分で判断するしかありません。

※イベントも店によってはガセがあるので注意しましょう。

機械割の高いゾーンや高設定を探しながら打つ、勝つための立ち回りについて触れていきます。

情報提供元:スロナビ(閉鎖)・SLOTER(閉鎖)

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial