パチスロ用語集 あ行

OUT枚数
パチスロで払い出されたコインの事を指す


空き台
誰も遊戯していない台の事を指す。

AT(アシストタイム)
アシストタイムの略。通常時にほとんど取りこぼす小役を押し順ナビ等で全て取りきるようにする。突入契機・継続G数は機種によって様々。

AR(アシストリプレイタイム)
アシストリプレイタイムの略。ATとRTを一つにし、小役ナビとリプレイ確率の大幅UPでコインを徐々に増やしながらプレイできる。

RT(アールティー)
リプレイタイムの略でリプレイの確立がアップすること。また、アシストリプレイタイムはリプレイの押し順をアシストしてくれる。

上げ
台の設定を前日の設定より「上げ」た事を指す。⇔下げ

朝いち
開店時間で、朝一番最初に打つこと

甘い
打ち手にとって有利な状況を指す。

1枚掛け
メダルを1枚投入してプレイすること。最近では、3枚掛け専用機が多いが、3枚掛け以外では、ボーナスが確定した状態で2枚お得に揃えられるって事ですね。

1回交換
BIGボーナスが終わったら交換しなければならない。無定量の店ではそのまま遊戯OK

1確
1リールでボーナスが確定するリーチ目のこと。ハナビの三連ドンちゃん等。

イチパン
パンとはパンクを指し、ビックボーナスでボーナスゲームを1回しか行えず規定の小役ゲームが終わってしまうこと。悲しいー、機種によっては嬉しいのもあるのですがね。

1号機
風営法でパチスロが認められ、台を設計する基準が統一された。

イン枚数
台に投入されたコインの総数。

打ち切る
高設定台を閉店まで打つことかな。まー、低設定でもいいのですがね。

ウエイト
ホールに設置されるパチスロ機は1ゲーム最低でも4.1秒かける必要があり、それより速いペースでプレイしようとすると、レバーを叩いてもリールが回らない。時間が追いつくとリールが回り始めるが、このレバーを叩いてからリールが回り始めるまでの時間をウエイトと呼ぶ。

ウエイトボタン
パチスロで遊戯を止める際にクレジット内に残ったコインを払い出す為のボタン。

~受け
テンパイした絵柄の最終停止位置を区別するための用語。逆押しで、リプレイが左下がりにテンパイした場合、左・下段受け、となる。

ウラモノ(裏モノ)
検定を通った正規の基盤に違法に改良を加えた台。出玉で圧倒するため、ボーナスの初当たり確率を下げ、連チャン率を上げるなどすることが多い。

絵柄配列
機種を構成している絵柄の順番。ほとんどの機種が21コマで配置されている

Aタイプ
エータイプ。BIG中に最大三回までボーナスゲームが出来るタイプの機種。

ST(エスティー)
内部的に当選したボーナスを一旦貯めておいてドカーンと連荘をさせる機能。ハマル時は大ハマリもあるよね。

ANY(エニィ)
パチスロのリーチ目等を説明する際に使用する言葉で、何が止まっても良いという意味。

LED(エルイーディー)
パチンコやパチスロ台に付いている電飾。最近の台では色の矛盾で高確率状態を示唆する台もある。

ART(エーアールティー)
アシストタイム+リプレイタイムの略。
ATとRTが合体したのがART。
小役獲得でコインを増やしながらリプレイによりゲーム数を稼ぐ機能。

遠隔操作(エンカクソウサ)
パチンコ台やパチスロ台を遠方から不正操作する事。

オカルト
その人独自の儀式や考え方。

沖スロ
オキスロ。沖縄スロットの略。基本的にコインが一回り大きく(30パイ)、ボーナスが成立した瞬間・もしくは成立ゲーム以内にランプ等で告知する。シオサイ・島娘等。

遅れ
オクレ。レバーを叩いたとき、レバーオンの効果音がリールの回転よりワンテンポ遅れる。「にゅ・・」という音がレバーオン直後にする機種もある。主にチェリーorボーナスだが、機種によってはボーナス確定やチャンス予告など用途は様々。

押し順
STOPボタンを押す順序。順押し 左→中→右、逆押し 右→中→左。ハサミ打ち 左→右→中、中押し 中から押す。成立役の判別などに行うよね。

オバケ
バケともいう。レギュラーボーナスのこと。

オヤジ打ち
目押しをせずに適当にリールを止める打ち方。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial